粗大ごみの処分はどうするのが正解?不用品回収は面倒臭さを回避してくれる


粗大ごみの処分方法は自治体によりバラバラ

粗大ごみの処分方法は、自治体ごとに基準が異なっているので、ゴミ袋に入り切らない不用品は処分方法を調べる必要があります。自治体へ粗大ごみの処分を依頼する際には、市区町村ごとに定められた粗大ごみとして回収可能な品目に該当するか先に確認しましょう。なぜなら、自治体では回収ができない粗大ごみがあるので、危険物や家電リサイクル法に定められた粗大ごみとしてそもそも出せない品目かどうかの確認が必要だからです。

家電製品なら家電量販店で回収してもらう方法がある

家電リサイクル法で定められたテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・パソコンといった品目については、リサイクル券を購入して家電量販店で回収してもらう方法があります。自家用車で持ち込みできない場合には、家電量販店へ別料金を支払うと収集運搬業者の手配をしてもらえるので、冷蔵庫のように重量があるため個人での運搬が困難でも粗大ごみをリサイクルという形で処分可能です。また、小型家電回収ボックスを設置している店舗があるので、合わせて利用してみましょう。

専門の不用品回収業者へ出す前に売れるものは売却

フリーマーケットや古物商への売却が困難なものについては、専門の不用品回収業者へ料金を支払いまとめて回収してもらう方法があります。遺品整理やゴミ屋敷の片付けといった容積や重量による料金設定を行っている所もあります。専門の不用品回収業者の中には古物商営業許可を取得している業者もいるので、売却可能なものは合わせて買取してもらっても構いません。しかし、ある程度個別に査定を受けたい場合には、自分で古物商へ持ち込む方法ならば高く売却できる可能性があります。

ゴミ屋敷の片付けは実績が多い専門業者に任せるのが無難です。素人作業では大量のゴミを地域のルールに沿って分別することは難しいうえ、誤って貴重品を捨ててしまうおそれもあります。